エアコン情報局

飲食店用・オフィス用エアコン(業務用)よくある質問

エアコンの悩み相談/出張メンテナンス

飲食店用・オフィス用エアコン(業務用)よくある質問


Q1中古エアコンってどうなの?
A1

中古エアコンの最大の魅力はなんといっても、その低価格です。新品の価格に比べて、8割以上もやすい機種があります。 しかし、値段だけで業務用エアコンの中古品をお求めになることはお勧めできません。 旧冷媒のタイプは製造年から5年以上経過しているものなので、故障や修理のリスクが高くなります。 なるべく年式の新しいものをお求めになるか、きちんとテストした商品を選ぶことです。
それさえクリアできれば中古 を選択するのも悪くないと思います。
ただし、メーカーのエアコン部品保有年数は製造打切り後9年です。中古エアコンは部品供給ができなくなるリスクが大です。 メーカーに部品が無ければ修理は不可能!です。撤去・運搬・廃棄にも費用が掛かります。 以上のことはしっかり認識しておくひつようがあります。
特に省エネの面では最新機種に比べて、かなり差があります。 店舗などで、お客様が利用するような場所、例えば飲食店などでは、故障は死活問題なので、出きれば保証のある新品を選んでください。

▲このページのトップへ

Q2 業務用エアコン価格って?
A2

業務用エアコンにももちろん、メーカーの出す定価というものがあります、各メーカーのパンフレットやサイトに価格については はっきり書かれていますから、そこで確認することができます。業務用エアコンの定価は家庭用と比較するとかなり高額です。 馬力数によって50万円~130万円程度の幅があります。例えば、4方向天井カセット形(ラウンドフロー)の 価格は3馬力で1,137,150円もします。高いですね。しかし、もちろんそこは商売ですから、 値引きや付加サービスというものがあります。2台目なら半額とか、空気清浄機サービスとか、 どういうサービスがあり、どの程度値引きしてくれるのか確認してください。

また条件があえば分割やリースで支払うこともできますので、一度にお金を用意するのが難しい場合はリースを選択してもいいでしょう。

また、本体の価格以外にも、取り付け工事代金がかかり、メンテナンスや保証をつけるならその分の費用も必要です。 インターネットでは破格の値段を提示している業者もありますが、工事費用や保証内容をよく確認してから購入してください。

▲このページのトップへ

Q3 リースが使えるってほんと??
A3

本当です。最近では導入時の負担が少ないエアコンリース・クレジットが豊富に揃っています。 業務用エアコン、ルームエアコンはもちろん、床暖房、空気清浄機など、幅広い商品が対象になっています。 また、安心保障リースという修理費用ゼロの長期保障がついているものもあります。

▲このページのトップへ

Q4保守契約って何?
A4

エアコンを切ることができないようなビジネス、冷蔵庫利用とか倉庫等の運用を行っている場合、 エアコンの停止は死活問題。そこで定期的にメンテナンスをしてくれたり、何かあった場合には緊急ですぐに来てくれる契約のことです。 月極めであったり、年間契約だったりいろいろあります。販売店に相談してみるといいでしょう。 サービスをしてくれている会社は結構あるようですから。

▲このページのトップへ

Q5 改正グリーン購入法について
A5

国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律です(「環境物品調達推進法」)。 国の各機関や都道府県・市区町村、事業者、消費者のそれぞれが、 環境物品など(エコマーク商品などの環境保全型製品やサービス)を調達(購入)することにより、 “環境にやさしい”いわゆる『環境保全型社会』をつくることを目 的としています。ようするにエコな 製品を作れば率先して国が推進していくということです。

2005年5月に制定されたグリーン購入法が、2010年4月に新しい判断基準「APF値」へ改正されました。 エアコンの「判断の基準」は、冷房能力が28kw (10馬力) 以下のものについて「省エネ性」と「冷媒の環境性」の2つで示されます。 ダイキンではマークが目印となっています。

Q7 オートクリーン機能って?
A7

フィルター自動清掃機能搭載のエアコンの機能です。1日1回、 フィルターを自動で清掃するので、いつも清潔。フィルターの目詰まりを防ぎ、 能力低下や電気代アップを防止します。

ダイキンがこの製品を発売していますが、東芝もセルフクリーン機能を搭載したスーパーパワーエコキューブを発売しています。

▲このページのトップへ

Q8 センシング機能ってどんなの?
A8

人の動きを感知して、それにあわせてエアコンの運転を調整する最新型省エネエアコンです。 床温度や人の在否をリアルタイムで検知しながら、検知内容に応じて自動で風向きや風量を調整。 ドラフト(風当り)感を与えずに、快適でムダのない空調を自動で行います。 温度ムラや人のいる、いないをセンサーが自動で判断し設定温度を調整して省エネに威力を発揮します。

▲このページのトップへ

Q9 高速ストリ-マーってすごいの?
A9

ダイキンエアコンの新型エアコンです。2009年に新型インフルエンザが猛威をふるったのをご記憶でしょう。 世界で唯一(2009年8月時点)ストリーマ技術で、有害微生物を抑制、除去するエアコンです。 特に薬局とか医療関係に導入が、進められているようです。またお店に安心して来ていただけるようにするなら、 飲食店・事務所などでも導入を検討された方が増えている、クリーンなテクノロジーの機種です。
値段は通常のエアコンに比べて少し高めになりますが、これからの店舗運営では、ひとつの売りとして使えるのではないでしょうか。 衛生上の配慮として、集客面で高得点を期待できる。新機能です。
高速電子を放出するという性質上、美容院や調理場、喫煙ルームでは利用することができないようです。

高速ストリーマーダイキン

▲このページのトップへ

Q10 ピチョンくん?
A10

ダイキンのメインキャラピチョンくんですが、頭のつるっとしたとんがりと透明感のあるキュートフェイスと 頭の重さからくる猫背が特徴・・です。業務用エアコンについては、恐ろしいぐらいの知識を持っています。 時々本気でエアコンに紛れ込んでいるかもしれませんので、見かけたら名前を呼んでみてください。

ダイキンのサイトに行くと、ピチョンくんが常駐していて、エアコンについてかなり詳しく教えてくれるでしょう。

なお、彼(彼女?)は、ほぼ現在の地球全域に住んでいて、地球と同じ年齢です。 進化論が正しいとすると46億歳ぐらいになります。そう考えるとエアコンに詳しいことぐらい、 何でもないような気がします。 ダイキンでグッズとかも売っていますので、結構人気ありの和みキャラですね。 ときどきアレルキングとかをやっつけたりもしているみたいです。

▲このページのトップへ

Q11 エアコンの歴史
A11

エアコンにももちろん歴史があります。

日本のエアコンの歴史は昭和初期、1935年に幕を開けました。 芝浦製作所がアメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)社製のルームクーラを輸入販売したことがはじまりです。 日本人の暮らしに新風を吹き込んだその機械、販売名「芝浦ルームクーラ」は別名、可搬式冷房装置と呼ばれ、 2分の1馬力・1馬力・2馬力の開放型冷凍機で動いていました。まだルームエアコンも現在の業務用エアコン同様に、性能を馬力で表現しました。 日本でエアコンが最初にできたのは、1958年ごろ。

英語の「Cool」を語源とし、このころのエアコンは、クーラーという名前で呼ばれていました。 今のエアコンのように暖房機能はなく冷房専用のウインド型で、壁に大きく穴を開けてはめ込んで取り付けていました。

冷房だけでなく、暖房もできるエアコンができたのは、1972年ごろのこと。 この頃にはセパレートタイプ(室内機と室外機に分かれているもの)が登場。 一般家庭にも普及し、「3C」(カー、クーラー、カラーテレビ)などと呼ばれブームを巻き起こすまでになっていました

。 さらに1984年ごろにはインバーター機能のある能力の高いものが登場してきます。少ない電力で、大きなパワーが出せるようになりました。 そして1992年ごろに生まれたのが、小さいサイズの室外機エアコン。それまでの室外機はとても大きかったのが、これでマンションのベランダに置いてもじゃまにならなくなりました。そして最新のエアコンは、 空気清浄機の役目をするものや、酸素が出てくるもが登場しています。

▲このページのトップへ

Q12 エアコンってなぜ冷える・温まる?
A12

なんとなく、エアコンの中に涼しい空気があって、それをブォーンと排出しているイメージがありますが、実際はそうではありません。 エアコンは部屋の熱を外に追い出しているだけなのです。

室外器の横に立つと、熱い空気が出てくるのを思い出してもらえば少しだけイメージが沸くでしょうか。 エアコンは、部屋の中にある室内機(しつないき)と、部屋の外にある室外機(しつがいき)の2つで1セットになってます。 この2つがそろって、1台のエアコンとなり。基本的にこの2台でやりとりしてるわけです。 だから、室外器の場所や状態というのは結構大事です。 よく、見かけますが室外器の前にゴミとか物を置くと、それはやっぱり効率が落ちます。

■デコンプレッサ・コンプレッサ

エアコンの本体(室内機)では常に「液体の気化=蒸発」が繰り返されており、具体的にはデコンプレッサにより液体が減圧され、気化しています。 気化された蒸気は「冷媒」とよんで、これが「室外機」にダクトやパイプで運ばれます。 運ばれた「冷媒」は室外機で、熱を放出、再び「冷媒」は室内器にもどってきます。これをひたすら続けて、室内の温度がどんどん下がっていきます。 このがエアコンの仕組です。

この「冷媒」につかわれていたガスは、昔はフロンガスが有名でしたが、オゾン層を破壊して深刻な影響を与えるという理由で、有害指定を受け、現在は利用禁止です。 今では「代替ガス」が「冷媒」として利用されています。 オゾンには影響を与えませんが、最近の温暖化にも影響を与えるといわれていますので、 より一層の技術革新と利用者のモラルが必要になってきています。

■じゃあ、暖房はどうやって?

暖房は、今言っていた事を反対にするだけです。 室外機と室内機の機能を逆にするだけです。 つまり、室外機ではデコンプレッサで冷媒を蒸発させ、室内機ではコンプレッサで液化させます。 つまり、冷房時に室外機から出ていた熱がこんどは室内に来る感じです。 部屋が温められて、その代わり、室外機からは冷えた空気が排出されていきます。

▲このページのトップへ

Q13 ダイキンエアコンいいとこ悪いとこ?
A13

ダイキン製品は業務用エアコンのパイオニアとして、高機能、一流の製品が揃っています。 他のメーカーに比べて、割高なイメージがありますが、費用対効果を考えると、そういうわけでもないといえると思います。 すぐ壊れる製品と信頼のおける一流品をもたれる(少し褒めすぎでしょうか)方が良い場合もあります。 用途と広さを考慮され決定されるとよいと思います。

▲このページのトップへ