エアコン情報局

飲食店用・オフィス用エアコン(業務用)よくある質問

エアコンの悩み相談/出張メンテナンス

飲食店用・オフィス用エアコン(業務用)よくある質問


Q1業務用エアコンの能力表示
A1

業務用エアコンは、冷房と暖房が基本的な機能ですが、この能力を“kW(キロワット)” (※注)の単位で表しています。家庭用エアコンでいうと、6畳用 2.2kW、8畳用 2.5kW、と表示されますが、 業務用エアコンでは現在一般的に「馬力」という単位が使われています。業務用は大きな場所で使うため坪数 や馬力数で表します。
(注)冷暖房能力の単位は、以前は“kcal/h”を使っていましたが、単位の国際統一でkWになっています。 形式と馬力とkWの関係はおおよそ下記となります。

形式  相当馬力  冷房能力(最大)
P40   1.5馬力   4.0kW
P45   1.8馬力   4.5kW
P50   2馬力    5.0kW
P56   2.3馬力   5.6kW
P63   2.5馬力   6.3kW
P80   3馬力    8.0kW
P112  4馬力    11.2kW
P140  5馬力    14.0kW
P160  6馬力    16.0kW
P224  8馬力    22.4kW
P280  10馬力   28.0kW

冷暖房能力の表示条件
エアコンの表示方法については、日本冷凍空調工業会によると、冷暖房能力の表示は最大負荷に近い統一した条件で表し、 定格能力としています。 これは国際規格に準じておりJISで策定されています。 JIS標準条件。各メーカーともにこの条件でエアコン能力を表示しています。

冷房能力
一般にはJISで規定されている室温、冷房27℃で、室外温度は盛夏での使用を想定して35℃の時の能力を示します。 冷房の時は室内は湿度も影響しますので、相対湿度が約45%(湿球温度19℃)と決められています。 また除湿機能つきのエアコンでは、また、室温27℃・湿度60%の冷房時の値を表示しています。(ダイキン)

暖房能力

エアコンの暖房能力は、室内温度を20℃とし、室外温度は冬の使用を想定して7℃と2℃での能力を表示しています。 7℃の時を暖房標準能力、2℃の時を暖房低温能力と呼んでいます。「暖房低温能力」とは、より寒い時の能力がわかる数値として、 外気温2℃/室温20℃時の能力を表しています。大きいほど暖房能力が高いと判断できます。 暖房もエアコンメインであれば、この数値は要チェックです。

また、暖房の時は、室外の湿度が影響し、特に室外機に霜が付くことがあるため、7℃の時は湿球温度6℃、2℃の時は1℃ (いずれも相対湿度で約85%)と決められています。 なお、空冷式のエアコンで、さらに外気温度が低下する地域に設置されることを想定して、 -7℃(湿球温度-8℃)という条件も設定されています。

▲このページのトップへ

Q2 業務用エアコンの馬力(能力と空調面積)
A2

馬力ってどういう単位?

馬力とはもともと馬力というのは輓馬(荷を引く馬)が継続的に荷を引っ張る際の仕事率を基準にしており、 1頭の馬が働く能力を示すものです。業務用エアコンの能力はkwで表示することになっていますが、 慣習としてエアコンの能力を馬力で表すのに慣れてしまっている関係者も多く、メーカーのパンフレットには、 依然として単位として残っています。

馬力と空調面積の関係

エアコン導入時に、空調面積と馬力を基準として、ある程度機種を選択することができます。
しかし、業務用エアコンは業種により同じ広さでも、適合能力が異なります。設置施設によって最適な機種の選定方法は変わってきますので、 業種グループで大きく4つに分けたものを紹介します。(社団法人日本冷凍空調工業界の規定に基づいたものです) 参考にしてください。

一般店舗向け

一般店舗とは、服飾、貴金属、日用雑貨品などを販売されているお店です。 (冷蔵ショーケースなどを置いている生鮮食品店等は、より正確な負荷計算が必要です) 店舗では大きなエアコンを設置すると店内が狭くなり圧迫感を感じたり、空間が暗くなったりしないように、 天井埋込形などのエアコンを使用して空間を広く雰囲気を明るくします。

馬力の目安 ㎡で選ぶ 坪で選ぶ 畳で選ぶ
1.5馬力 17~26㎡ 5~8坪 10~16畳
1.8馬力 20~29㎡ 6~9坪 12~18畳
2馬力 22~32㎡ 7~10坪 13~19畳
2.3馬力 24~36㎡ 7~11坪 15~22畳
2.5馬力 27~41㎡ 8~12坪 16~25畳
3馬力 35~52㎡ 11~16坪 21~32畳
4馬力 49~72㎡ 15~22坪 30~44畳
5馬力 61~90㎡ 18~27坪 37~55畳
6馬力 70~103㎡ 21~31坪 42~62畳
8馬力 97~145㎡ 29~44坪 59~88畳
10馬力 122~181㎡ 37~55坪 74~110畳


喫茶店・理美容室向け

エアコンを設置する場合には、店舗業態(レストラン、ラーメン店、焼肉店、居酒屋、等)により、 設置する業務用エアコンの必要な空調容量(馬力)に大きな差があります。 また設置にさいしては「お客様へ直接風を当てない」、熱いものが冷めたり冷たいものが温くなるので 「食べ物に風を当てない」、窓際・店内の奥・入り口側などに「温度ムラをつくらない」ことに気を配る必要があります。

馬力の目安 ㎡で選ぶ 坪で選ぶ 畳で選ぶ
1.5馬力 14~17㎡ 4~5坪 8~10畳
1.8馬力 16~20㎡ 5~6坪 10~12畳
2馬力 17~22㎡ 5~7坪 10~13畳
2.3馬力 19~24㎡ 6~7坪 12~15畳
2.5馬力 22~27㎡ 7~8坪 13~16畳
3馬力 28~35㎡ 8~11坪 17~21畳
4馬力 39~49㎡ 12~15坪 24~30畳
5馬力 48~61㎡ 15~18坪 29~37畳
6馬力 55~70㎡ 17~21坪 33~42畳
8馬力 69~87㎡ 21~26坪 42~53畳
10馬力 97~122㎡ 29~37坪 59~74畳


レストラン・食堂向き

カウンタータイプのお店では調理から発生する熱が客席に影響します。 またお客さまが調理するところ(焼肉、お好み焼、もんじゃ焼など)では、大きめの能力が安心です。

馬力の目安 ㎡で選ぶ 坪で選ぶ 畳で選ぶ
1.5馬力 14~17㎡ 4~5坪 8~10畳
1.8馬力 16~20㎡ 5~6坪 10~12畳
2馬力 17~22㎡ 5~7坪 10~13畳
2.3馬力 19~24㎡ 6~7坪 12~15畳
2.5馬力 22~27㎡ 7~8坪 13~16畳
3馬力 28~35㎡ 8~11坪 17~21畳
4馬力 39~49㎡ 12~15坪 24~30畳
5馬力 48~61㎡ 15~18坪 29~37畳
6馬力 55~70㎡ 17~21坪 33~42畳
8馬力 69~87㎡ 21~26坪 42~53畳
10馬力 97~122㎡ 29~37坪 59~74畳


事務所・オフィス

デスクワークが主体のオフィスが対象です。 (OA機器の多いデザイン事務所等は、機器からの発熱が室内にこもりがちです) 仕事をしやすい環境をつくるには温度ムラを防止することが効果的です。冷気は足元にたまりやすいため、 冷暖房時は風向調節と「人や温度を感知するセンサー」を活用します。 人によっては暑がり・寒がりの違いもありますので、直接風を当てる・当てないなどの設定をリモコンに登録することもできます。

馬力の目安 ㎡で選ぶ 坪で選ぶ 畳で選ぶ
1.5馬力 24~35㎡ 7~11坪 15~21畳
1.8馬力 26~39㎡ 8~12坪 16~24畳
2馬力 29~43㎡ 9~13坪 18~26畳
2.3馬力 33~49㎡ 10~15坪 20~30畳
2.5馬力 37~55㎡ 11~17坪 22~33畳
3馬力 47~70㎡ 14~21坪 28~42畳
4馬力 66~97㎡ 20~29坪 40~59畳
5馬力 82~122㎡ 25~37坪 50~74畳
6馬力 94~139㎡ 28~42坪 57~84畳
8馬力 132~195㎡ 40~59坪 80~118畳
10馬力 165~243㎡ 50~74坪 100~147畳

▲このページのトップへ

Q3 業務用エアコンのAPF表示について
A3

Annual Performance Factorのことで、通年エネルギー消費効果と呼ばれ、 近年、より使用状態に近い省エネルギー性の評価方法として、このAPF(通年エネルギー消費効率) の表示を業界では、行っていましたが、正式に2010年4月に新しい判断基準「APF値」へ改正されました。 APFは1年間に必要な冷暖房能力を、1年間でエアコンが消費する電力量(期間消費電力量)で除したもので、 値が大きいほど、省エネ性能が高くなります。エアコンのタイプごとに、異なるAPF基準値が定められています。

従来表示されていたCOP(エネルギー消費効率)は、 ある一定の温度条件で運転した場合の1点のみの性能ポイントであり、 季節に応じたエアコンの運転状況は加味されていませんでした。 しかし、実際の使用時には外気温度の変化により、 冷房・暖房時に必要な能力や消費電力は変化します。そこで、 実際の使用時に近い状態での評価を行うため、モデルケースを定め、 年間を通じた総合負荷と総消費電力量を算出したAPFの表示が追加されました。

算出方法 ① 東京地区を条件に、店舗・オフィス用エアコンは「戸建て店舗」を、 ビル用マルチエアコン・設備用エアコンは「事務所ビル」をモデルとして年間の総合負荷を算出する。 ② 定格冷房・暖房能力、低温暖房能力に、中間冷房・暖房能力を加えた5つの評価点により、 ①で求めた年間の総合負荷に応じた消費電力量を算出し、APFを求める。

▲このページのトップへ

Q4超省エネタイプと標準省エネタイプ
A4

最近のエアコンではメーカーはしきりに省エネを言っていますが、その中でも超省エネと標準省エネというものがあります。 そのあたりはどう違うの?という質問が聞こえますが、単純に超省エネタイプとは、「グリーン購入法基準値」よりAPF値が高い 「2015年省エネルギー法基準値」をクリアしている機種のことです。
同馬力・同形状の標準省エネ機種に 比べて消費電力の低減はもちろんですが、 低温時の暖房能力が高いことや、天井カセット埋込形室内機 などに省エネ機能が更に付加されています。

標準省エネタイプは、各メーカーが「グリーン購入法基準値」をクリアしている機種のことです。 同馬力・同形状の超省エネ機種にくらべて本体の金額設定が安価になっています。 また機種によっては超省エネの室外機より省エネの室外機のほうがコンパクトな場合もあります

本体価格で選ぶなら省エネタイプ、その後の電気代を気にするなら超省エネという感じでしょう。

▲このページのトップへ

Q6 複数の室内機を同時運転・個別運転させる(ペア・マルチ)って?
A6

基本的に店舗用、オフィス用エアコンの室外機と室内機には、組合せ方が3種類あります。

1)室外機1台、室内機1台 リモコン1台(ぺア)
2)同時運転:室外機1台、室内機2~4台 リモコン1台(マルチ)
3)個別運転:室外機1台、室内機2~4台 リモコン2~4台(マルチ)

業務用エアコンは間取りや設置場所に合わせて室外機1台に対して複数台の室内機を使用することができます。 2)と3)。空調面積の広いところにペアシリーズを用いると、室外機台数が多くなり設置スペース確保が問題と なりますので、マルチタイプを利用すると、室外機設置場所の省スペース化や、空調機器・ 工事費用の総額を抑えることもできます。

同時運転:工場や大きな会議室など間仕切りのない広目のワンフロアーの場合、 室内機を複数台分散設置することで快適気流が室内すみずみまで広がります。 小型のペアシリーズを複数台設置するのに比べ、室外機が1台で済むため、 省工事・省スペースのメリットも生まれます。主に工場等によく利用されています。

個別運転:飲食店の個室(小部屋)や、パーティションで間仕切りされたオフィスなど、 エアコン運転時間の異なる(在室・在席時間が異なる)ところにではこれ。 主に複数の部屋ごとや、ワンフロアでの窓際や出入口による温度ムラの軽減のため設置したりします。 メーカーによって名称が異なりますが、室内機の台数によって、個別ツイン、 個別トリプル、個別フォーなどと表示します。各室内機ごとにON・OFFできるため経済的な個別空調が可能です。 個別に複数台設置するのに比べ、室外機が1台すむため省工事・省スペースのメリットも生まれます。

▲このページのトップへ

Q7 COP(シー・オー・ピー)って何ですか?
A7

冷房機器などのエネルギー消費効率の目安として使われる係数。Coefficient Of Performanceのことです。

消費電力1kWあたりの冷却・加熱能力を表した値。COPはエアコンの空調能力を表す数値です。 COPには、冷房時のみを計算した冷房COP、暖房時のみの暖房COP、2つを平均した冷暖房平均COPがあります。 COP数値が高いものほど効率が高く、省エネに優れたエアコンです。

しかし、COPは一定の温度環境下における効率を示す数値でしかありません。 実際にエアコンを利用した場合の冷房・暖房能力や消費電力は、 その時点での室温や外気温に大きく左右されるので、常にCOP値と同じ効率が得られるわけではありません。 近年はCOPに代わる省エネの基準値としてAPFが採用されています。

 

▲このページのトップへ

Q8 インバーター、PAM(パム)って何ですか?
A8

日本ではほぼ100%普及しているインバータエアコン、インバータ照明、 インバータ洗濯機、インバータ冷蔵庫…。いろんな製品で「インバータ」 という言葉を見聞きしますよね?インバータとは、周波数変換装置のことで、 電圧・電流・周波数をコントロールする技術のこと。インバータエアコンが 「省エネ」なのは、空気を冷やしたり暖めたりする重要な役割を担っているコンプレッサ(圧縮機)やファンを動かすモーターの回転数をこのインバータ技術で細かく制御できるからなのです。インバータのない昔のエアコンでは、温度調節といっても、設定温度になったら動作を停止し、温度が上がれば(暖房の場合は下がれば)動作を開始するという、 ON・OFFの単純な動作しかできませんでした。これに対しインバータエアコンでは、設定温度になるまではフルパワーで動作し、設定温度になると低速運転に切り替えることが可能。 これによって、ノンインバータエアコンに比べ、消費電力を約30%も削減できるのです。 つまり、エアコンの省エネ性能をアップさせる機能のことです。温度が下がればゆっくり運転とか、 人が増えたら高回転とかそういう、頭のよさをもてるわけです。便利ですね

▲このページのトップへ

Q9 除湿機能ってどうなってる?
A9

例えば、夏など冷たいジュースの入ったコップに付いた水滴。 空気が冷たいものにふれて、空気中に含まれる水分が結露したもの。 エアコンの除湿もこれと同じ原理で、空気を冷やすこと(ようするに弱冷房)で除湿を行っています。 冷房の機能がそのまま除湿になるというわけです。 しかし、弱冷房のままでは、冷たい空気が吹き出し、室温まで下がってしまいます。 そこで、熱交換器で除湿し温度の下がった空気をヒーターで再加熱して放出しています。 従って、加湿の方が技術的には難しいということですね。

▲このページのトップへ

Q10 ビル用マルチエアコンとは?
A10

ビル全体の空調を管理するために開発されたマルチエアコンです。 広範な建物用途に対応できる自由度の高い省エネルギー個別空調システムとして開発されたエアコンシステム。 中小規模ビル空調向けの 冷媒配管方式を採用した空冷ヒートポンプエアコンのことをさします。 コンピューターによる制御で集中管理されたり、省エネ化、小型化が進んでいます。 室外機の容量は5馬力から最大で48馬力まで、設置環境によって選択が可能です。

▲このページのトップへ

Q11 設備用エアコンとは??
A11

工場・事業所の空調環境改善のために、各メーカーは専用のエアコンを発売しています。 恒温恒湿を要求されるサーバールームや食品工場、吹出空気の清浄さが必要な精密機械工場、 油煙や粉が舞う機械工場では通常の業務用 エアコンではそのニーズに応えられません。 したがって、その場所の特色にあわせたもの、例えば、生産ラインの対人空調用や油や煙の多いキッチンや工場など、 あるいは電算機室などで顕熱だけを効率的に除去できる「高顕熱仕様」など、業務の特色にあわせたエアコンがあります。

ダイキン:設備用・工場用

▲このページのトップへ

Q12 業務用エアコンの耐用年数
A12

エアコンの耐用年数はもちろん環境によって左右されますが、年数が経つごとに痛みや汚れが進み、信頼性が低下していきます。 通常、家庭で使われているウィンドウタイプ(壁掛け)のエアコンは、減価償却資産の耐用年数の「冷房用又は暖房用機器」に該当しますので、 これを工場や事務所で使う場合の耐用年数は6年です。
いっぽう一般的に業務用エアコンと呼ばれている耐用年数は出力が22KW以下のものが13年で、その他のものが15年ですが、 機器として、早ければ使用開始から5年目ぐらいでガタがきて、耐用年数の半分ぐらいから、経年変化が始まるといわれています。
耐用年数を過ぎたエアコンを使っていると、補修維持の費用も、一般的には2~3倍にふくれ上がり、 修理部品の入手困難から修理不能になることも少なくありません。定期的なメンテナンスを行うことで、寿命を延ばし、 、深刻な事態を未然に防ぎ、将来にわたってエアコンの維持費を削減することにもつながります。
なお、製造から10年以上ご使用いただいた空調機は部品が劣化(経年劣化)し、故障の原因になる可能性があります。 今後、安心してご使用いただくために安全点検、または早めの交換が必要でしょう。

▲このページのトップへ

▲このページのトップへ